高知に行きたい

高知に行くならジオパークを楽しまなくては!

高知に行くのなら、やはりジオパーク、美しき最高の自然を楽しまなくては意味がありません。
ツーリングの醍醐味は緑、風を感じながら走るということにあります。
高知は自然を楽しみながら走るということに最高なスポットがたくさんあります。

高知にはジオパークがいくつか存在し、その場所によってまったく違う自然の顔を楽しむことが出来るのです。
そこに行かないと見ることの出来ない不思議がたくさん詰まっていますので、バイクで移動しながら楽しみたいと思っています。

漣痕(れんこん)と褶曲を楽しむ!室戸の地形が面白い

漣痕というのは、海のそこに描かれた自然の模様で、水の流れによってこうした模様が出来るといわれています。
深い海の底、深海にも水の流れがあり、自然が作り出すこの美しい文様は見ておくべきといわれます。

室戸の地質や地形の中でも非常に珍しい褶曲の岩盤、これもこの地域にきたら見ておきたい場所です。
古い時代に泥や砂が時間をかけて海底に降り積もり、それが自然の力によってぐぐっと曲げられたのが褶曲です。

その昔に暮らしていた化石も堪能できる

吉良川には生痕を見ることが出来ます。
生物の化石ですが、そのあたりの岩には、表面にミミズのような痕跡が見られます。
二枚貝が海底を動き回った後がこうして「生痕」として残っているということが判明しています。

最初はこのミミズのような痕が、ゴカイなどの海の生物の化石ではないかといわれていたのですが、よく研究した結果、二枚貝のはいずった痕・・ということがわかったそうです。
当時この海にどのような生物が暮らしていたのかよくわかる生痕も珍しいものです。

不動堂と四国八十八箇所霊場第26番札所も見てこよう

地域に暮らす人たちからはお不動様として親しまれているスポットが、不動堂です。
実は空海が修行したといわれている地は、御厨人窟と神明窟と2つの不動堂の説があります。
この近くには本当にかわいいお地蔵様がおられるといわれているので探しましょう。

室戸三山の一寺院となっている金剛頂寺は四国八十八箇所霊場第26番札所となっています。
地域の方々は西寺と呼び、親しまれている存在です。
今ではすっかり見ることが出来なくなっている珍しい植物などもこの寺院周辺に残されているということなので、これもぜひ見てきたいものです。

このほかにも、ツーリングを楽しみつつアウトドアに興じるということで、自然体験が出来る国立室戸青少年自然の家もお勧めスポットです。
草スキーやおもしろい自転車などを楽しむことが出来るのでこれもご家族やお友達でわいわい言いながら楽しみたいスポットです。

高知にはたくさんの素晴らしいスポットがあり、バイクで美しい自然の中をのんびり楽しむことも出来ます。
ツーリングには最高に魅力ある地域です。